インテリア

デザイン住宅の施工を依頼するなら【実績の高い業者に頼もう】

日本での人気の高まり

家

建材や間取りやデザイン

北欧住宅には、快適に暮らすための様々な工夫が凝らされています。たとえば建材として、断熱性の高い針葉樹やレンガといった自然素材使っているため、寒い日でも暖かく過ごすことが可能となっています。しかもこれらを隙間なく組んでいるため気密性も高く、隙間風で室温が下がるリスクも低めなのです。加えてこれらの建材は頑丈なので、北欧住宅には衝撃に強いというメリットもあります。吹き荒れる雪や雹にも簡単には負けないので、日本国内の豪雪地帯や台風被害が発生しやすい地域でも、北欧住宅はさかんに建築されています。衝撃に強いということは、地震の揺れにも強いということなので、耐震住宅として北欧住宅を建てる人も多くいます。そして北欧住宅には間取りにも特徴があり、具体的には屋内の廊下が少なめとなっています。部屋と部屋とがドア1枚でつながっていることが多く、その分スムーズに行き来できますし、家事なども効率良く進めていくことができます。また廊下が少なければ、それだけ部屋や収納スペースを広くすることができるので、窮屈な状態になりにくいと言えます。さらに、ドアや照明器具などの設置数も少なめとなるので、建築コストが少なくて済むというメリットもあります。また廊下が少なくても、壁に厚みがあるので音などは漏れにくく、プライバシーは保たれやすいと言えます。デザインも特徴的で、北欧独特の上品な趣と、自然素材が持つナチュラルな魅力とがあります。そのため昨今では、デザインから住まいに北欧住宅を選ぶという人も増えてきているのです。